男性ホルモンを分泌量を増やす栄養素

男性ホルモンを分泌量を増やす栄養素

男性ホルモンを分泌量を増やす栄養素

精力増強作用を担う成分は、ヨウ酸・亜鉛・アスパラギン・アルギニン・ビタミンEなどで、これらの有効成分の相乗効果によって、身体の生殖器を刺激し、精力減退を回復します。

亜鉛

男性ホルモン分泌を改善して、精子や卵子づくりを活発にし性能力を高めますので、生殖器管の発達、生殖能力の(EDや中折れの防止)維持には欠かせません。


アスパラギン

有害なアンモニアを体外に排除したり、神経系を守るアミノ酸で、エネルギー代謝に関与し、疲労に対する抵抗力を高め、スタミナを増やす働きがあります。


アルギニン

必須アミノ酸の一つで、成長ホルモンを合成し、免疫反応を助ける働きをすると共に、生殖の機能を高め、男性の精子の数を増やします。
アルギニンが不足すると男性の不妊症を招きます。
血管や内臓の老化を抑制して、若々しさを復活させ精力減退を回復し、edや中折れを防止する力があります。


ビタミンE

若返りのビタミンといわれ、細胞を強化し、老化・成人病を予防する働きがあり、もともとは不妊症治療ビタミンとして登場したように、ホルモンバランスを整え、生殖機能を増す働きがありedや中折れ防止を促進します。